担当者との相性が悪かった例

有名な結婚情報センターに結婚相談を持ちかけ、ベテランの担当者に巡り会えたとしても、必ず成婚につながるとは限りません。。。経験豊富なベテランといえども人間ですから、コミュニケーション能力や会員を思う気持ちなどは、それぞれ一律とは限りません。

担当者との相性が悪いと、婚活どころか会員でいることすらイヤになってしますこともあります。入会前には、電話やメールでのやりとりの他、来社訪問によって面接し、自分との相性が合うかどうかなどを、実際に体現してから決めることをお薦めします。

相談所と相性が良かった実例

相談所と相性が悪かった実例

忙しすぎる担当者に幻滅(体験例-1)

ある有名結婚情報センターに相談に行き、対応してくれたのはベテラン仲人さん。
これは当たり!と思い説明を誠実に聞き、その日に入会はせず検討する形にして終了。

担当者から「活動方法など、改めてこちらからも、メールで提示させて頂きますね」と言われましたので、期待しながらの数日間待ちました。しかし、待てど暮らせど一向に連絡が入りません。

担当者の方は、一人で百数十人も担当している忙しそうな方でしたし、この相談所の登録男女の比率は圧倒的に女性が多いと聞いていました。
40歳も超えている自分の様な女性はいらないのでしょう。。。

いくら実績のある相談所とは言え、約束も守れない様な担当者(=相談所)であれば信用できないので「もういい」と言う気持ちになってしまいました。
その後、当然そこには入会せず、別の相談所に入会しました。

女性41歳(初婚)

説教と頭ごなしのアドバイスに呆れ(体験例-2)

都内では知名度のある結婚相談所に入会。20代のうちに絶対に結婚したいという意気込みがあったのと、母親の勧めもあり即入会を決断しました。最初に10名程選び申込み、後は男性からの結果を待つのみ。

10名も申込みをしたので、1人も会えない何て事はないだろうと、期待しながら担当者からの連絡を待ちました。1週間経っても連絡が無かったので、自分から問い合わせ(結果は出ましたか?)の連絡を入れたところ「まだ1週間しか経ってないのに、せっかちね」との回答。

この時「え?」と思いましたが、初めての活動だったのでそういうものかと思い電話を切りました。その1週間後に、再度催促の電話を入れたら「そんなに焦ってどうするの?」

この時は、さすがに本当に申込みを入れているのだろうか?お断りでも1件位は連絡が入ってくるものでは???と、どんどん不信感がつのり、「こんなに連絡が来ないものなんですか?」と率直に聞いてみました。

「あなたの住んでいる地域や、お相手男性への希望は難しいことばかり、1件のお見合いを組むにもかなりの時間がかかるのは当然。そんな事もわからないの?あなたみたいにせっかちな女性はだめよ!etc・・・」

怒涛のごとく言い訳じみた説教が続き…一度のお見合いもする事なく、こんな担当者の事は信用出来ないと退会したい旨伝えた途端、担当者の態度が急変。。。機嫌取りをしてきました。

この展開に呆れて即退会。すぐに、別の相談所に相談に行き、前回の失敗談も全て話し入会前にしっかりと担当者とコミュニケーションを取れるかどうか判断してからの入会。 自分に合った相談所ってあるんですね。と無事29歳のうちにご成婚となりました。

女性29歳(初婚)

会員を商品として扱う担当者に激怒(体験例-3)

子供からの新しいお父さんが欲しいとの強い希望もあり相談所に入会することに。
自分の条件の悪さは、百も承知でいたつもりで、最低限の条件だけを担当者に伝えたところ、「あなたはバツイチで子供さんもいる。その条件で会ってくれる人がいるだけでも良いと思ってね」と初めから言われました。

そこまでは、まだ良かったのですが、お申込みした男性全員に断られたので、再度お申し込みの為、会社に訪問したところ「まず、選んでいるところが大きな間違い」から始まり、最後には「化粧くらい、しっかりしなさい。そうしなければ、男性に魅力ある女性だと紹介できないわよ」などというアドバイス。

これをアドバイスと言うのか?私がまるで「良いとこなしのおんぼろ商品」だと言われている様に聞こえました。人を物扱いする態度、会員を商品としか見ていない発言に怒りがこみ上げ、言い合いに。。。

仲人暦15年のベテランのようでしたが、私にはただのデリカシーの無いおばさんにしか見えませんでした。これを機に自主退会。結婚相談所なんて所詮こんなものかと、すぐに次の新しい扉をたたく気にはなりませんでした。

女性46歳(再婚・子持ち)

上手いことばかりを言う担当者に不信感(体験例-4)

もうそろそろ本格的に結婚したいと考え、会社の福利厚生の一つである情報センターに登録しました。最初の面談の際、担当者と顔合わせをしましたが、この男性担当者、終始良いことしか言わないのです。悪い気はしませんでしたが・・・。

「あなただったら、直ぐにでも相手は見つかりますよ。」
「女性からも、どんどんお申し込みが入ってくるでしょうね。」
「現在の会員登録状況だと、女性会員の方が多いので選びたい放題ですよ」など。

どう考えても、府に落ちない。確かに会社は安定しているが、客観的に見て、自分は中の下くらいの見た目だし、背も低い。恋愛経験が多いわけでもなく、今迄もてたことなど一度も記憶にない。それなのに、なぜ?こんなによいしょされるのか?あまりにも、言葉に重みを感じないと言うか、初めからしっくりきませんでした。

そんなスタートからでも、契約期間の中で何度かお見合いはしました。ですが、毎回女性から断られます。その理由が、自分ではわかりません。担当者に聞いても、あなたは悪くない、単純にご縁が無かっただけです。としか言ってくれません。

事務的な関係の中で活動しましたが、やはり担当者のことを信用することが出来ず、最後までコミュニケーションが取れないまま期間終了。

この1年の活動を通して何か収穫があったとすれば、大手情報センターの事務的さと、もっと信頼できる担当者だったら自分も相談所で何とかなるかもしれないという期待を持てたことです。
会える自信はつきましたが、その先のことは又勉強していかなければとも思いました。

男性33歳(初婚)

その他、担当者と相性が合わないケース

結婚相談所を利用した方で、担当者さんと相性が合わないケース(体験)は数多くあります。

「あまりにも、年配の担当者(75歳)で何を言っているのか理解に苦しむ。」
「担当者のアドバイスにピント来ない。響かない。年齢のギャップを強く感じている。」
「担当者の話し方が、いちいち気に障る。」
「年下担当者のため口に、カチンとくる。」
「言葉遣いの汚いコーディネーターには、出来ればチェンジ願いたい。」
「事ある毎に、自分の自慢話ばかりをするコーディネーターには、飽きあきしている。」
など、例を挙げるときりがありません。。。
逆に、こんなケースもありました。

「担当者がとても良い人で、自分の親戚にどうか?と会員以外の方との縁も取り持ってくれ、それがご縁で担当者とは親戚になりました。」 。

▲このページのトップへ

Home > 結婚相談所の選び方 > 悪い相性の実例