クーリングオフとは?

「クーリングオフ」という言葉を聞いたことのある人は多いと思いますが、色々な条件が入り交じっている規約なので、ここではクーリングオフの基本事項を説明をさせて頂きます。

クーリングオフの受付と期間

クーリングオフ期間中であれば、どんな理由でも無条件で解約できます。
ご契約書面を契約者が受領した日から数えて8日間以内であれば、理由の如何を問わず無条件で契約(関連商品販売契約を含む)の解除ができます。

期間を過ぎても適用される場合

結婚相談所や担当者に嘘をつかれたり、困らせられたりしてクーリングオフができなかった時は、8日間を過ぎてもクーリングオフはできます。

相談所がクーリングオフについて ※不実告知または※威迫したことで、契約者が誤認または困惑してクーリングオフしなかった場合は、上記期間を経過していても、改めてクーリングオフできる旨の書面を相談所が交付し、契約者はその書面を受領した日から数えて8日間以内はクーリングオフが可能です。

この場合も、無条件解約となりますので、相談所から損害賠償又は違約金支払いの請求はありません。

※不実告知とは、
「クーリングオフ期間中でも、あなたの契約はクーリングオフに対応していません。クーリングオフをするには、手数料がかかりますが、それでもしますか?」など。

※威迫とは、
「今ここで、辞めたら一生独身で間違いなく後悔しますよ。それでも良いんですか?」など。

返金について

電話で受け付けてくれる相談所もありますが、悪徳な所では処理されないケースもあります。
後々のトラブルを回避するため確実なところで、配達記録郵便や内容証明郵便を利用しましょう。8日間を過ぎて相談所に届いたとしても、消印有効ですので安心して下さい。

(結婚相談業・結婚情報サービス業は、特定商取引法の「特定継続的役務提供」の指定役務として、この民事ルールが適用されています。平成16年11月11日施行) 

こんな時はクーリングオフを考えましょう!

  • 勢いで即日入会してしまったが、家に帰って冷静に考えたら、
    料金は高額だし辞めたくなった。
  • 契約するまで、帰してもらえないような状況で、
    半ば強引に入会させられたような気がする。
  • 説明を聞きに行った際、悩む度に担当者が入れ替わり、最後に責任者が出てきた。
    これって怪しい?
  • 「あなたならすぐに結婚できますよ。」と持ち上げられたから調子に乗ったけど…。
    何となく胡散臭い。
  • 一度家に持ち帰って検討したいと告げた時、
    「だったら、当社とはご縁が無かったですね。」と突き放され、それは困ると契約してしまった。
    優良相談所であれば「ゆっくり検討して下さい。」と言うのでは?
  • 担当者が、タイプだったので格好つけて契約してしまったが、
    よくよく考えたらお金が払えない。
  • 期間限定5名様までの特別プラン、これが最後です。と言われ契約したが…
    そんなのってあるの?

上記のように、契約後少しでも何かに迷ったり契約したことを後悔したり怪しく思ったら、すぐさまクーリングオフを考えてみましょう。

また、即クーリングオフ手続きをするまでもなく悩んでいるのであれば、一度担当者に相談をしてみることが賢明です。

優良相談所であれば、悩んでいるところを無理やり勧誘したり、契約を迫ったりは絶対にしません。

クーリングオフ期間中に、悩み相談した結果、改めて気持ちが固まったのであれば、何の迷いもなく相談所での活動をスタートできるでしょう。

▲このページのトップへ

Home > 結婚相談所トラブル > クーリングオフ