『ケチな男性』が増えています

現代の男性で「デート代を男性が全て持つのは当然。」と認識している人は少なく、デート最中相手の様子を見て、次に繋がりそうであれば全額負担。そうでなければ、割り勘を請求するという嫌らしいケースが現実に増えています。

初デートだろうが、それ以降のデートだろうが関係なく見られます。

これが、現在の世界不況の波を受けている人だと言うなら話もわかりますが、40代50代で立派な会社勤めをしていて、金銭的に余裕のある人でも目に付くのですから困った現象です。

このケチさ加減が、男性の結婚出来ない大きな原因の一つです。

既婚男性は、どんな相手・場合でも間違いなく「(初)デート代は、男性持ちが当然でしょ。」と声を揃えて言うでしょう。その差です。

30代~50代の男性が相手であれば、女性は間違いなく「ご馳走してもらえるだろう」と期待しています。勿論、ご馳走するからにはその場での女性の対応も気になるところだと思いますが、女性の態度・対応を見る前に「デート代の心得」を知っていれば、スマートにことが進むはずです。デート代は、覚悟が必要です。

デート代の覚悟・心得

ケチな男は嫌われます。男性は、ここの部分をしっかりと認識すべきです。

ケチがゆえに彼女ができない、結婚できないのと同様、このタイプは会社でも出世できないでしょう。女性はそう連想して「ケチ=結婚相手として論外・圏外」と決めてしまいます。

  • 初デート代は割り勘禁止!最初くらいは、格好をつけましょう
    男性は「初デート代は全部自分が負担する」と覚悟を決めて、当日を迎えましょう。途中で、気持ちを変えてはいけません。ケチな行動をすると、以後必ずしっぺ返しがきます。
  • 2回目以降のデート代は、臨機応変に
    2回目以降のデート代については、1件目は男性持ち、2件目は女性にご馳走になるというのがベストな形です。1件1件割り勘するのは、あまりスマートではありません。

    女性も2回目以降のデートでは自分も負担する気持ちでいますので、支払いの際「私も払います」と言ってくるでしょう。この時「(1件目)ここは僕(私)が持ちますので、次はお願いしますね」と言ってみましょう。女性からは「ではそうします。ご馳走様」と返ってくるでしょう。
  • 万が一の割り勘の際、細かい額の請求はしない。
    どうしても割り勘となった場合、一円単位までの割り勘はしないで下さい。しかも、偉そうな言動は慎みましょう。

    例えば、2人でお会計が「5,775円」になった場合、電卓をたたいて「2,887円でいいよ。後は僕が払うから。」…1円しか多く払わないくせに「でいいよ。後は僕が…」はあり得ません。間違いなく2人に次はないでしょう。
  • 女性の「私も払います」を真に受けるな!
    女性は初デートであってもそれ以降であっても「私も払います。」と言ってくるでしょう。それを真に受けて普通に受け取る男性がいますが、これまた次は無いパターンが多いです。

    例えば、スポーツ観戦に行って女性の分も飲み物を買ってきました。その時女性に「自分の分は払います。」と言われ、200~300円程度を受け取る…。
    それぐらいご馳走してよ!と心の中は、スポーツ観戦どころではなくなっています。
  • ご馳走してもらって、お礼も言えない女性は相手ではない
    お会計の際、ご馳走様も言わない女性が多発中ですが、心の中では「なぜ?礼ぐらい言えないのか。」と怒りがこみ上げていても、その場は口論などせず終えて下さい。

    間違っても「半分払え!」などと詰め寄らないように。 そんなバカ女性は、自分の相手ではないと後日お断りを入れれば良いだけです。

『太っ腹』は男性の基本

デート代は、本当に馬鹿になりませんがデート代の払い方一つで、男性に対するイメージを女性は完全に作り上げてしまいます。割り勘なんてさらさらするつもりは無かったのに、女性に慣れていないだけで、お金を受け取ってしまうケースもあります。

「女性がお金を出しているのに、受け取らないのは失礼になる」何て思わなくて良いのです。その場合は、そこで受け取らず「そのお金で、次のデートの時に何かご馳走して下さい」とでも言えば、女性は気持ちよくお財布の中にお金をしまうはずです。

慣れも必要ですが、初めから知っておくことで、いざと言う時あたふたしなくてすみます。

なぜ?男性ばかりが負担をしなければならないの?という疑問、気持ちは捨て、最初は肝心なんだと心に言い聞かせ、婚活をスタートして下さい。

ケチは、最大のマイナスポイントです。

タイプ別婚活スタイル~あなたの理想はどのタイプ~

▲このページのトップへ

Home > 婚活への誤解 > デート代は男性が持つ