浪費してませんか?

男性の場合、実は知らず知らずのうちに出会いの場にかなりの投資をしています。

「婚活」にお金をかけている意識は全く無いでしょうけど、実は今まで『出会い』を期待して、相当のお金を費やしているのです。

出会いの場をわざわざ探さなくても、必ず周りには女性がいて、その中で気になる異性、好きになる異性、交際相手もできたと思います。

  • スナックやニュークラ等のホステスさんとの出会い(1回行くと15,000~25,000円)
    週に1回通い、年に50回程度行くと→年間費やす費用は、約75万円~125万円
  • キャバクラ等の風俗嬢との出会い(1回行くと、10,000~20,000円)
    週に1回通い、年に50回程度行くと→年間費やす費用は、約50万円~100万円
  • パチンコ屋の店員女性との出会い(1回行くと、10,000円~20,000円)
    週に5回通い、年に240回程度行くと→ 年間費やす費用は、約240万円~480万円
    ※但し、パチンコの場合勝ち負けもあるので、平均すると月5万~10万の負け
    年間トータルすると、60万円~120万円にもなります。
  • 男性専用エステ(キャッチセールスから)の女性スタッフとの出会い
    女性エステとは異なり、その都度払いは少なく年契約。→ 費用は、約70万円~100万円
    ※この後、どんどんリピート販売(再販)され、金額は増していきます。

男性は、普段から『出会いに投資』しているにもかかわらず、いざ本格的で確実な出会いへの投資となると二の足を踏みます。同じお金をかけるのであれば、手っ取り早く、気持ちよく対応してくれるとわかっている場所へ足が向くのでしょう。

ご縁に結びつかない『投資』

独身男性は、実家暮らしでも一人暮らしでも「小遣い」というくくりが無いため、自分で稼いだお金を好きなだけ遣えます。貯金をしようと思っても、ついつい浪費してしまう。平均すると毎月5~10万円程度遣っている人が多く、年間トータルで、60万~120万にもなります。

しかも、その投資先が「好きな女性と会う為だから」と普通に思っている様ですが、それはこの先実を結ぶことのない投資先であるという現実をまずは知る必要があります。

良く考え、ざっと計算してみて下さい。年間を通して、自分がどれだけ女性との接点をもつ為に、お金をかけてきたかのか。それを、何年続けているのか。現在までに、合計どれだけの金額を費やしてきたのか。それに対しての見返りや結果は出ているのか。

今後もそれを続けて、本当に実を結ぶことがあるのかどうかを考え直してください。

『本気で婚活する』ためには

婚活をスタートする気持ちがあるのであれば、自分の金銭感覚なども改めて知っておくことが必要です。自分の婚活資金のかけ方と、真剣に向き合ってみて下さい。

早くその間違いに気づいて、価値ある出会いの場所に投資して下さい。毎月、毎年同じ金額を費やすのなら、間違いのない、自分への確実な投資先にかけたくなるはずです。

ここで気づいた方から本格的に婚活スタートです。
まずは、婚活の種類を見て自分に出来ることから初めて下さい。

タイプ別婚活スタイル~あなたの理想はどのタイプ~

▲このページのトップへ

Home > 婚活への誤解 > 活動資金