結婚相談所には、どんな人が登録しているのか?

「結婚相談所=もてない人達の集まり・最後の手段」だと誤解されている方も少なくありません。
勿論、中には一度も恋愛経験の無い方や、これまでモテたことが無い方もいるでしょう。
しかし、皆さん真剣に結婚の事を考え、誠実な対応の出来る婚活人です。
少なくとも、これから婚活を…と考えている方より、ずっとずっと結婚に近い方達です。

「最後の手段」そう思って、これから結婚相談所を利用してみようと思っているならば、あまりお薦めできません。最後の手段と思う前に、「出会いの場の一つ」という感覚で結婚相談所を利用する方が、より結婚への道が近くなっていくのです。

結婚相談所の登録者の属性

年齢層

登録している方々の年齢層は、男性30代、40代・女性20代後半~40代の方々が多くなっています。 勿論、40歳以上の中高年層から、上は80代の方々もいらっしゃいます。第二の人生、第三の人生をお考えの方々です。この年齢層の方々の方が、勢いや積極性があります。

男女登録数の比率

男女登録数の比率は、大手結婚情報サービスなどでは、ほぼ、5:5(多少女性が多い)インターネット情報会社では、わずかに男性の登録数が多くなっています。地方(福岡・札幌など)だけで見ると、女性の登録数が圧倒的に多くなる傾向にあります。

特に女性登録者は、条件的・ルックス的にも申し分の無い方が多く所属し、プライベートでの出会い(紹介や合コン)等では、到底巡り合う事のできない方がいらっしゃいます。

男性登録者の中にも、女性同様条件的・ルックス的に申し分の無い方も所属しておりますが、女性に比べるとインパクトが弱いのが実際のところです。

男性の「草食化」

関東方面では、「結婚レベルの高い人は結婚相談所で出会える」と結婚相談所での出会いが少しずつ認知されてきていますが、地方ではまだまだイメージが悪く、間違った印象を持たれているのが悲しいところです。

最近では、ちょうど婚活適齢期に当たる男性の「草食化」が進んでいるようですが、地方ではまさにその現象が起こっているようです。
全国的に、独身男性の婚活・活性化を推進しています。

▲このページのトップへ

Home > 結婚相談所を知る > 登録している人はどんな人?