男性への第一条件『年収』

女性が最も重要視する、男性への第一条件で職業と並ぶ「年収」。
男性は、この女性の希望条件を聞き、
「どうして女性は、収入ばかりを気にするのだろう。」
「この経済危機下で、そんなに高収入なんてあり得ないのをわかってない。」
「お金目的で結婚する何て、そんな女性は僕の相手ではない。」
「そんなに贅沢をしなければならないのか。」
「自分一人の収入で、家族を養える訳ないだろう。」

など、沢山の叫びを持っていると思います。

また、そんな女性の意見に半ば納得せざるを得ないと感じている男性も少なくありません。
「年々、収入が減っていく一方、これではお嫁さんに来てもらえないのは当然」
「自分の年収だと、奥さんを養うことは大変難しいし、苦労させるのは心苦しい」
「こんな年収では結婚資金も貯められず、結婚したいと思ったとしても金銭面で親に迷惑をかけるくらいなら、結婚は諦めるしかない」

などと、やり場のない気持ちに頭を抱えている方も多いのでは?

ご自身の年齢での、平均年収を聞いたことや調べたことはありますか?下記の表は、
23年度国税庁「民間給与実態統計調査」による、男性年齢別平均年収です。

女性もこの実態を知りつつ結婚相手を探すのと、実態を知らないで探すのとは、婚活初期の段階において、全く違った希望条件を持つことになることも知っておきましょう。

男性年齢別平均年収

対象年齢 平均年収
25~29歳 367万円
30~34歳 434万円
35~39歳 498万円
40~44歳 570万円
45~49歳 623万円
50~54歳 641万円
55~59歳 616万円
60~64歳 457万円

23年度国税庁「民間給与実態統計調査」

主な都道府県別平均年収(男性)

順位 都道府県 平均年収
1位 東京都 652万円
2位 神奈川県 581万円
3位 愛知県・大阪府 560万円
5位 京都府 551万円
6位 茨城県 539万円
7位 兵庫県 535万円
8位 三重県 532万円
9位 滋賀県 528万円
10位 千葉県 514万円
年収が低い都道府県 ワースト5
43位 山形県 397万円
44位 岩手県 395万円
45位 秋田県 385万円
46位 青森県 377万円
47位 沖縄県 361万円

平成23年「賃金構造基本統計調査」(簡易年収換算値)

もし、アナタが高額所得者だったら

年収が高いと言うことは、それ相応の職業についておられる方だと思います。 こうした方は、金銭的な余裕があっても、時間的な余裕がないという人が意外にも多いものです。

「高額所得者故の悩み」の中には、結婚適齢期(死語ですが^^;)が近づくと、
親御様や親戚縁者の方、知人などの周囲から縁談の話しが持ち上がり、
自分の意思とは違ったところで婚活がされているというケースも少なくありません。

もし、アナタが自らの意思で積極的な結婚活動を希望するのであれば、
社会的価値観が類似している男女が集う「結婚相談所」
での活動が合っているのではないでしょうか?

誠心(SEISHIN)

男性の年収についての『女性の本音』

曖昧な年収の基準

女性が希望する男性の年収について、女性は何を基にその金額を提示しているのか。

実際のところ、女性も現実的に男性の平均年収など知らない人も多く、テレビや雑誌等の様々な情報をそのまま鵜呑みにし、自分の希望年収に置き換えているだけです。

ですので、自分のレベルがどうとかは全く関係なく、男性への希望年収を世の女性は一律に同額をあげているのです。

何の根拠か「最低700万はないと困ります」
一人暮らしをしたことの無い女性が
「年収300万での貧乏生活は、想像できません」
子育てにいくらかかるのか計算したこともない女性が
「子供を育てるのに必要な、最低限の収入500万以上はしっかりないと厳しいです。」など、
これが女性の本音と言えば本音です。

ですが、正直その希望通りのお相手とご縁を持たれる確率は、かなり低い訳です。
基本、現実的な生き物である女性は、口では相当高い希望を言っていても、実は心の中で「とは言え、最低限の収入が確保でき、あとは真面目に働いてくれていれば良い。+α
とも思っています。

キャリアを積んだ女性

女性自身が安定している場合、公務員又は一流企業にお勤めであれば、500万600万それ以上の年収はあります。社会的地位がある女性であればそれ以上も。

このタイプの女性は、結婚後も生活水準は維持したい、あるいは落としたくないという理由で、当然のごとく「最低でも自分と同額又は多ければ多いほど良い」と希望します。

そんな女性でも、年収など関係なく別な魅力を感じて結婚されるケースもあります。

希望年収の裏側で・・・

年収は、あくまでも希望

女性が声を揃えて言う「年収○○○万円以上希望」は、あくまでも希望だと言うことを男性の皆さんは知る必要があります。

だからと言って、女性に「とは言っても、本当はそんなに高い年収は無くても良いんでしょ?」等と、口が裂けても言ってはいけません。

「高収入を希望する女性、又は高収入の女性は対象外」と決め付けず、まずは当たってみることをお勧めしたいですし、実際、最近では夫よりも妻の収入・年収の方が上というケースも増えてきています。

結婚できない年収なんてありません

男性も女性も、ご自分の独身時代の金銭感覚や生活レベルを結婚したからと言って絶対に落としたくないと思っています。その為には、どうすれば良いのか?

男性は、ご自分の今精一杯の力で稼ぎ出している年収に自信を持って、堂々と女性にアプローチして欲しいと思います。

今、婚活をする必要なく、既に結婚している男性の全てが高年収だと思いますか?
決してそんなことはありません。結婚できない原因は、決してあなたの年収ではありません。年収を言い訳にしている、そのネガティブさが原因です。

年収が低かろうが、そのことを悲観することなくポジティブに捉える男性に、女性は心動かされるということを知って下さい。
その上で、今後の婚活を是非乗り切って欲しいと思います。

タイプ別婚活スタイル~あなたの理想はどのタイプ~

▲このページのトップへ

Home > 希望条件 > 年収(男性編)