出会いのキッカケ

結婚相談所では、主にお見合いとパーティー・イベント・セミナーからの出会いがあります。
お申込のやり取りは、全て担当者を介して行います。

主な出会い方法Ⅰ・データマッチング

  • プランやコースにより異なりますが、相談所に行き担当者のアドバイスを受けながらプロフィール・身上書の閲覧から、お申込相手を選択します。担当者からの推薦もあり。
  • 担当者が、お相手相談所にお申込の連絡を入れます。
  • お申込したお相手に、ご自身のプロフィールを見てもらい返事を待ちます。
  • 通常、2週間以内にお相手からのお返事が入ります。(YES or NO)
    ※2週間経っても、返事が入らない場合はお断りとみなされる相談所が多いです。
  • YESの場合は、担当者を通しお相手女性とのお見合い日程調整に入ります。

主な出会い方法Ⅱ・パーティー、イベント、セミナーへの参加

  • パーティーやイベント、セミナーへ参加し気になるお相手を見つけて下さい。
  • 気になる方がみつかりましたら、お申込をして下さい。
  • お申し込み以降は、主な出会い方法Ⅰと同じです。

お申込が入ったら

①どうしても譲れない条件があったり、余程生理的に受け付けない場合に限っては、
お断りを入れて下さい。

②プロフィールを見て、断る理由が無い場合は、まず一度連絡をしてみましょう。

※ご自身あてにお申込が入り、お断りしたい場合も放っておくのではなく、必ずNOのお返事は入れましょう。

お申込時とお受け時の注意!

まずは、お会いすること

プロフィール・身上書だけでは、お相手の全てを決め切れるものではありません。

お写真も、写りの良し悪しどちらもあり得ます。
プロフィールだけを見て「ピン」とくることは、ほぼないでしょう。

それを期待して探していても時間の無駄ですので、まずはお会いしてからご判断するのがベターです。

「お断り」されてもめげない!

活動し出したばかりの頃は、皆さんやる気満々ですので、そこに持ってきて「お断り」が続くと気持ちが萎えてしまい、活動意欲が低下してしまいます。。。
ですが、ここでこそ気持ちを楽にして踏ん張って欲しいのです。

良く良く考えてみて下さい。逆の立場で、ご自分宛にお申込が入ってきた場合、プロフィールの時点でお断りを入れることもあるでしょう。それは、その人とお会いした上でお断りし・その人を否定しているわけでもなんでもありません。そういうことです。

結婚相談所での出会いは、断って当たり前、断られて当たり前。その中から唯一のお相手と出会えれば良いのです。その他大勢の人と、沢山の縁を持たなくて良いということです。

お断りされたのであれば、「ご自分とは縁の無い人だったんだ。」と割り切って下さい。
その気持ちを持てた時に、本当の意味で結婚相談所での活動が生きてきます。

▲このページのトップへ

Home > 連盟加入型相談所での婚活 > 出会いの方法