結婚相談所への入会にあたって

結婚相談所へのご入会・ご登録に際しては、証明書などの書類が必要となります。

本籍地と住民登録している場所が同じであれば、ある程度短期間で書類を用意することはできますが、多少の手間はかかります。これを、面倒がっていては先の活動は思いやられますので、しっかりと用意しましょう。

独身証明書

戸籍のある自治体に申請し取得したもの1通(3ヶ月以内のもの)

「独身証明書」と聞いて「?」と思う方も多いでしょう。独身証明書(結婚情報サービス・結婚相談業提出用証明書)とは、民法732条(重婚の禁止)の規定に抵触しない旨の証明です。
プライバシー保護などの観点から、結婚相談所に提出する為の書類として2000年5月より制度的に実施されました。

本籍地のある、各市区町村役場にて取得します。忙しく、行く時間の無い方や距離的に困難な場合は、郵送で取り寄せも可能です。事前に、申請書をご用意頂くと良いかと思います。
<申請書ダウンロード→プリントアウト→記入>

結婚相談業者提出用証明申請書ダウンロード

直接窓口にて申請取得

身分証明書、認印持参の上本籍地のある各市区町村役場の戸籍課窓口にて、申請書に必要事項をご記入、捺印後提出して下さい。

郵送にて申請取得

本籍地のある各市区町村役場の戸籍課宛に「申請書・定額小為替・※返信用封筒・身分証明書」を同封の上郵送して下さい。(※切手を貼り、ご自信の住所・氏名を記入しておく)

【必要なもの】

  • 申請書:必要事項記入・捺印したもの
    (事前にご用意頂くか、各市区町村役場に申請書はあります。)
  • 封筒:2通(申請書郵送用、独身証明書返送用)
  • 80円切手:2枚(郵送用、返送用)
  • 定額小為替:郵便局窓口にて購入
    (独身証明書発行手数料は、各市区町村によって異なりますので、
    事前に本籍地のある各役場にて問い合わせ下さい。300円程度)
  • 身分証明書:住民票、運転免許証、健康保険証、年金手帳、パスポートなどのコピー
    (不必要な場合もありますので、必ず事前確認して下さい。

通常、独身証明書が必要となりますが、ご自身の希望(自主的)で独身を証明する公的書類として「戸籍謄本・抄本」を希望する場合は、その旨を担当者に伝え、ご本人が独身であることを証明する部分以外の情報は抹消して提出して下さい。

住民票や運転免許証、パスポート等は独身であることが担保されないため不可となります。

住民票

3ヶ月以内に発行したもの1通
住民登録している地域の、各市区町村役場にて取得します。
(各市区町村によっては、役場以外の証明書発行センターでも取得可能)

直接窓口にて申請取得

身分証明書、認印持参の上住民登録している各市区町村役場の住民課窓口にて、申請書に必要事項をご記入、捺印後提出して下さい。(証明書発行センターでも可能)

郵送にて申請取得

住民登録している地域の、各市区町村役場の住民課宛に「申請書・定額小為替・返信用封筒・身分証明書を同封の上郵送して下さい。
(※返信用封筒は、切手を貼り、ご自信の住所・氏名を記入しておく)

【必要なもの】

  • 申請書:必要事項記入・捺印したもの
    (事前にご用意頂くか、各市区町村役場に申請書はあります。)
  • 封筒:2通(申請書郵送用、住民票証明書返送用)
  • 80円切手:2枚(郵送用、返送用)
  • 定額小為替:郵便局窓口にて購入
    (住民票発行手数料は、各市区町村によって異なりますので、
    事前に各役場にて問い合わせ下さい。200円~300円程度)
  • 身分証明書:運転免許証、健康保険証、年金手帳、パスポートなどのコピー
    (不必要な場合もありますので、必ず事前確認して下さい。

独身証明書に比べると、取得しやすくなっています。各市区町村役場では、土日の取得は不可ですが、地域によっては証明書発行センターにて土日取得が可能となります。

卒業証明書

短大卒以上の方(相談所によっては、高等学校卒以上が対象の場合もあります)
直接、最終卒業校で取得か、郵送で取り寄せた1通

郵送にて取得

申請書・発行手数料・※返信用封筒・身分証明書を同封の上郵送して下さい。
(※切手を貼り、ご自信の住所・氏名を記入しておく)
申請書の書式、発行手数料は各学校により異なりますので、事前に各学校へお問い合わせ下さい。

【必要なもの】

  • 申請書:必要事項を記入したもの
  • 封筒:2通(申請書郵送用、証明書返送用)
  • 80円切手:2枚(郵送用、返送用)
  • 発行手数料:約 200円~1000円程度
  • 身分証明書:住民票、運転免許証、健康保険証、年金手帳、パスポートなどのコピー
    (不必要な場合もありますので、必ず事前確認して下さい。

収入証明書

男性のみ1通(給与明細書の場合は12か月分必要)。
収入証明書とは、1年間にいくらの収入があったのか、または、あるのかを証明する書類です。

※ほとんどの結婚相談所で、女性の収入は任意となっています。

会社勤めをされている方は、直近の源泉徴収票や直近月を含む1年間の給与明細書が証明書となります。その他、自営業の方等は税務署に提出した確定申告書控え(受給印のあるもの)などが証明書にあたります。

源泉徴収票など、紛失してしまった場合は再発行も可能ですので、会社にお願いしてみて下さい。

ご印鑑

各相談所のプランによって、三文判や銀行印が必要となります。
(クレジットカードや、月会費が自動振替の場合銀行印が必要)

写真は重要!

3ヶ月以内に撮影したものカラー3枚
(出来ればL版。パスポートサイズでも、OKの相談所もあります。)

各相談所での撮影(担当者がデジカメなどで撮影)も可能ですが、最近ではプロの撮影するお写真が好評です。見比べてみるとよくわかりますが、相当の差があります。

プロフィール写真は、結婚相談所での活動において最初の関門ですので、ご自信で準備されることをお勧め致します。1,000円~2,000円程度でも撮影可能。

カメラマンには「お見合い写真です」ときちんと伝えて下さい。
たまに、折角お写真をご用意頂いても証明写真にしか見えない場合もあります。

恥ずかしがらずに、しっかりお伝えすることで、撮影角度や表情もプロの手にかかると…
ご自分ではないように見えるお写真ができあがります。

Home > 結婚相談所での活動プロセス > 必要書類・証明書