出会いの方法

大手結婚情報サービス会社では、主にインターネット上または、(書面)でのやり取りで活動をしていきます。データマッチングやオンライン検索からのお申込以外に、パーティー・イベント・セミナーからの出会いがあります。

主な出会い方法Ⅰ・データマッチング

  • 主にデータマッチングした相手が毎月決められた人数送られてきます。(紹介状メールなど)その他、オンライン検索や会員情報誌、支社にて閲覧などの紹介方法もあります。
  • その中で、気になる方にお申込をします。
  • お申込した相手に、ご自身のプロフィールが送られます。
  • お相手からのお返事が入ります。(YES or NO)
  • YESの場合は、お相手女性の詳細プロフィールが届きます。ここから交際スタートです。
  • お互い電話やメールなどで連絡を取り合い、1回目のデートにこぎつけます。(基本的に担当者の付添はありません)

主な出会い方法Ⅱ・パーティー、イベント、セミナーへの参加

  • パーティーやイベント、セミナーへ参加し気になるお相手を見つけて下さい。
  • 気になる方がみつかりましたら、お申込をして下さい。
  • お申し込み以降は、主な出会い方法Ⅰと同じです。

お申込が入ったら

①どうしても譲れない条件があったり、余程生理的に受け付けない場合に限っては、
お断りを入れて下さい。

②プロフィールを見て、断る理由が無い場合は、まず一度連絡をしてみましょう。

※ご自身あてにお申込が入り、お断りしたい場合もほっとくのではなく、必ずNOのお返事は入れましょう。

交際希望相手との連絡通信

お申込相手からOKの連絡が入り連絡先交換が済んだら、ここからが本番・勝負です。

この時点でお相手と結婚が決まったわけではありません。
折角連絡先交換が出来ても、それだけで安心してしまいその後の通信を手抜きしようものなら、お相手と一度もお会いする事無くお断りされてしまいます。

1回目のデートをするまでに時間が空いているのなら、マメに連絡通信を行って下さい。
会う前に、沢山の通信をしてコミュニケーションが取れていると、初めてお会いした時に緊張することなく「初めて会った気がしない」から、良いご縁に繋がりやすいです。

連絡通信にはお相手のペースもありますので、様子を見ながら…と思っている方も多いでしょうが、そう考えている時間があるのなら、考える前にご自分から連絡を入れて下さい。

一番良くないパターンが、「自分から連絡するのは、ちょっと…」等と思い、相手からの連絡をひたすら待つこと。これでは、良いご縁も形にはなりません。変なプライドは捨てて、積極的になって下さい。

積極的なアプローチを!

ファーストコンタクトが肝心

「電話した時、外出中で迷惑だったら…」「もう寝ていて、迷惑をかけたら…」など、気にしすぎる方が多いのですが、お互いいい大人です。都合の悪い時は、無理に電話に出たりはしません。着信が残っていれば、都合の良い時にかけなおしてくれるでしょう。

最初の連絡は、今後を左右してしまうほど本当に肝心です。
「釣った魚に餌やらず」と言いますが、釣る前のえさ巻きさえ出来ない方が増えすぎです。
思い当たる方は、是非克服して下さい。

やり過ぎには注意!

まだ一度もお会いしていないのに、電話やメールを日に何十回何十通もする。
まだ一度もお会いしていないのに、メールや電話でプロポーズをしてしたり、させてしまう、など。

積極性がないのも困りますが、積極的すぎて相手に不快感を与えてしまうのには注意しましょう。

▲このページのトップへ

Home > 大手相談所での活動プロセス > 入会申込書作成