男性の意識改革

男性は、まず自分の年齢に見合う年齢の女性を選ぶ事です。
自分の年齢のプラスマイナス2~3歳が妥当ラインです。

  • 30歳男性→27歳~33歳の女性を探しましょう。
  • 35歳男性→32歳~38歳の女性を探しましょう。
  • 40歳男性→37歳~43歳の女性を探しましょう。
  • 45歳男性→42歳~48歳の女性を探しましょう。
  • 50歳男性→47歳~53歳の女性を探しましょう。

同世代で話の合う女性の中から、本当に縁のある唯一の相手を見つけて下さい。

テレビで良く見かける芸能人の恋愛・結婚話しで、「10歳年下」「22歳年下」などの女性との結婚などは、夢のまた夢の話です。あなたにもし芸能人の様な「地位・名誉・経済力・包容力・紳士的・話術」が揃っていれば、夢も叶うかもしれません。それでも、一握りでしょう。
映画やドラマの主人公にはなれないのです。。。

世の男性が、女性への第一条件である年齢に関して今まで持っていた夢を捨て、意識改革されれば、間違いなく結婚対象となる女性が増え、ご自身の成婚もそう遠くはないでしょう。
独身男女の成婚率はアップします。

女性の意識改革

「希望条件を一つに絞ること」これにつきる!

男性は、極端な話「年齢」だけなのですが、それに比べ女性は、正直欲張りが過ぎます。
あれもこれも高望みすることを止めましょう。「究極の選択」と考えて下さい。

『収入』を第一条件にするのなら、他の項目である年齢や外見などは目を瞑りましょう。
『年下・イケメン』を第一条件にするのなら、他職業・収入などは目を瞑りましょう。

「希望年収」の見直し

ここで、『年収』を第一条件と決める前に、「希望年収」を見直すことが必要です。一般的に、女性は自分のレベルを棚に上げ目先の年収に飛びつく傾向(高望みや玉の輿願望)にあります。

高収入の男性が望む女性とは?の現実をしっかりと受け止めて、もしその女性の条件に自分が少しもかすっていないのであれば、早々に悪あがきはやめることです。

自分の望む年収の男性と結婚できる確立は、非常に低いという現実を知って下さい。

「年下・イケメン」思考からの撤退

『年下・イケメン』を第一条件と決める前に、現実を知ることが必要です。

30代後半~40代にさしかかり、年上の男性でめぼしい人がいなくなると、「年下でも良い」と言う方が多いのにビックリします。現実が見えていないと言うしかありません。。。

男性は年下の女性を好むもので、年上の女性は、よほど良いポイントがない限り男性は対象としません。それが現実です。そのような考えは、恥ずかしい事だと早く気付くことです。

万が一、年上の女性も結婚相手の対象者だという男性がいたとしても、
婚活している男性の中で1割にも満たない現実を知ってください。

「年下が好き」と言っているほうが願望に聞こえるので、まだ話しが通ります。

▲このページのトップへ

Home > 婚活のミスマッチ > マッチングへの意識改革